ITエンジニアの雑談@rascalroom

インフラからフロントまで。若輩エンジニアの勉強まとめ。

アプリ製作の事前準備 #Sails.jsをインストールしてみる

 

 

前提として

環境について

今回の内容は、前回紹介した環境をベースにしています。

Node.jsイメージをもとにしたDockerコンテナをご用意ください。

準備の仕方はこちら

 

 

と、言っても、Node.jsさえ使える環境なら何でも構いません。

各個人の好きなやり方にお任せしますので。。。

 

 

実はすでに使えるようにしている

お気づきの方もいるかと思いますが、

僕の紹介した "Dockerfile" を使ってコンテナを立ててくれれば、Sails.jsをインストールした状態になってます!

やっぱりこういう "IaC" なところも含めてDockerの強みですよね~。

Chef でも Ansible でも Puppet でもいいんですけど、使いわけを考えることが大事ですね。

 

 

一応、インストール方法

僕の紹介通りに進めてもらえることを期待してますが、

念のため書くことにします。

 

 

Node.js

Node.jsとnpmを入れる。

rascal@RascalRoom:~# apt-get install -y nodejs npm

 

最新版を使いたい方は、こちらもどうぞ。

rascal@RascalRoom:~# npm install n -g

rascal@RascalRoom:~# n stable

rascal@RascalRoom:~# apt purge -y nodejs npm

 

再ログインすれば最新版になります。

バージョン情報は下記のコマンドで確かめてください。

rascal@RascalRoom:~# node -v

 

 

Sails.js

インストール手順はこれだけ。

rascal@RascalRoom:~# npm -g install sails

 

 npmはNode.js用パッケージの管理コマンドです。

 

 

余談、ORMとか

Sails.jsのORMには、"waterline"が採用されています。

 

従来のORMとしては、

各データベース専用のアダプターが用意されていて、それに合わせた書式をすることでデータベースとのアクセスを可能にしています。

 

waterlineは、

アダプターの書式が統一されています。

どのデータベースを使用するにしても同じ書き方で済みます。

これは例えば、mongo用にModelを作っていたとしても、途中で、「やっぱMySQLを使いたい!」ってなった時とかありがたいです。

 

「こいつ何を言ってるのか分からない」って思った方には、今後また雑談します。

 

 

まとめ

詳しいことは、ググりましょう。

この業界に必要な能力は、"リサーチ能力" です。

僕はそう思います。知識とかコーディング能力とか二の次、三の次ですよ。

 

みんなと同じことを勉強するより、何がヒットするのか "アイデア" を考えることにリソースを使うべきです。

僕の尊敬する方のお言葉をお借りすれば、

 

"ゲームのルールは「量」から「質」に変わっている"

 

周りと同じことをして、大量生産に従事するやり方にはもう希望なんか持てません。

 

目的(アイデア)のための 手段(知識や技能)であることを忘れないようにしなきゃですね。

目的が遂行できれば、手段なんか何でもいいですからね。(倫理は守りますよ。)

 

 

.. そんなことはどうでもよくて、次の記事を書いていこうかな。。。